授乳は焦らずが要

母乳育児でお子さんを育てたいと思う人はたくさんいます。 しかし自分が想像していた通りに母乳が出なかったり、上手に赤ちゃんに母乳を与えることができなかったりすると、どうしても焦った気持ちが出来てしまい、赤ちゃんにたくさんの母乳をあげなければならないと感じたりすることもあるでしょう。

母乳の与え方には様々な方法があり、万が一収入がうまくいかなかった時にはとにかく焦らないことが大切です。 焦る気持ちが出てしまえば、どうしてもお母さんの焦る気持ちが赤ちゃんに伝わってしまうので、落ち着いた状態で赤ちゃんが母乳を飲むことが難しくなります。 ちょっとした角度を変えてみたり向きを変えてみたりするだけで上手に授乳ができるようになることもあるので、極力焦らないで赤ちゃんとのフィーリングをしっかり維持していくようにしましょう。

お母さんのペースで母乳を与えるのではなく、赤ちゃんのペースで飲んでもらうことを心がけるようにしてみると、これまでと違ったポイントで授乳することができるようになり、赤ちゃんも上手に飲んでくれるようになります。 生まれてきたばかりの赤ちゃんも、出産したばかりのお母さんもお互いが歩み寄りながら母子の関係を築いていくために、焦らずゆっくりと構える気持ちで母乳を与えるのが1番です。

ここで足が出てしまった前述の通り、赤ちゃんにも気持ちが伝わってしまい、赤ちゃんは不安を感じたりするため、泣き出してしまうことがあります。 もともと母乳を飲むことは誰も教えていなくてもしっかり赤ちゃんがかかってくれていますので、赤ちゃんのベースに合わせてみましょう。

○管理人注目サイト
授乳期に母乳がうまく出ない母親専用のハーブティーです ・・・授乳期専用ハーブティー

Copyright © 2014 授乳のコツ All Rights Reserved.